再び

しゅっちょーへんしゅうぶにおじゃましてきました。

 

前回の寝坊を教訓に今回は早めに行動することを心がけたのですが、朝から頭痛に見舞われてダウンしたというのもあるのですが、当初の予定より3時間遅れで家を出ました。予定は未定とはよく言ったものだと身をもって思いました。

 

ですが、全然余裕はあり、今回は開場後1時間ちょいくらいに入場してましたb

今回も二次創作物を携え、二回目ということもあり少し気持ちに余裕を持っていざ待合場へ。

とりあえず空いてそうな編集部から回らせて頂きました。

 

一社目

前の方が名刺を頂いているようで帰りたくなりつつ踏みとどまり私の番に。

今回はちゃんと読み切りの最新作を作ったのでそちらを総評して頂きました。

総評の内容としては、ストーリーは面白いと今回もストーリーに関しては褒めて頂けて感無量です。

ですが、私はやはりコマ割りに少し難があるようで、そこを指摘されました。ですが、指摘されたところは私が今回故意にやったところだったので、これはダメなのか。と学べたので逆に良かったです、次はしない笑

そして、背景の描き込みもよくかけていますと…!!!背景!!!!描けてますと!!!!言って頂けました;;;;;;;;前回背景もっと欲しいと言われたのでホント!そこは嬉しかった!!でも、見開きでもう少し描く描かないのバランスはとったほうがいいと。なるほど意識します。

一応商業で~という気持ちはお伝えしてあったので、実際描かれるとしたらどんなものに興味ありますか?と聞かれ、あーでこーでとお伝えしつつしてたら、

「二次では判断つかない部分もあるので、こちらにオリジナルのプロットとかを作って送ってください」と!!!

なんと!!!

名刺を!!!

頂きまして!!!!!

 

一瞬呼吸止まりましたよね。

編集部さんと縁ができた瞬間でした。

最初から連載はちょっと厳しいと思いますがー…と言われましたが、そんなそんな最初から連載持てるなんて思ってないから大丈夫です!!!という気持ちでなんかよくわかんないこと言ってました笑

この縁をなんとか活用できるようにちょっと一週間以内にネタ考えてダメ元でも送ってみようと思います。うれしかった。

 

二社目

一社目の名刺の余韻で紙に無心で落書きしてたら順番に笑

なので手元ぐちゃぐちゃでペンふっ飛ばして恥ずかしいのなんの笑

あと、全然関係ないっていうかスタートがお隣の方と被るとなんか…こう…ね…無言がすごいというか笑

で、お隣の方が先に総評が始まりなんかそれを聞いてるのも忍びないなと思いまた手元の紙に落書きを始める(この謎の余裕よ)

そうしたら唐突に見てくださってた編集さんが「おまたせしてすみません!面白かったのでじっくり読み込んでしまいました!」と!!!!

「ストーリーがいいですね!ちゃんと読者のことも考えて読ませようという工夫が見れます!伏線も張ってあって読み終わってそういうことか!って思える部分もいいです!」と!!!!!!

ありがとーーーーーーーーーーーーーーーーーー;;;;;;;

と、心の中で叫んでいました。

ストーリーは結構高く評価して頂けるので嬉しいです…。ちょっと自信持てます;;

ただ、これが商業となるともう少しコマ割りは考えたほうがいいと。あと、カメラワーク。やっぱここでもコマ割り言われたので次の課題はコマ割りだなって再び強く思いました。

そして次にびっくりしたのは「人体パースは描けてますので」

描けてますか?!?!?!?!??!????!!!!と

さらっと流れるように言われましたがケツ一瞬浮くんじゃにかと思うくらいにこっちはびっくりしたわけですよホンマに

嬉しいですけど、人体パース描けてるときっぱり言われたのは初めてだったので…ただ、末端とかをもう少し丁寧に描くと更に良いと。手とかは特に。

あと、ペンの強弱はもう少しあってもいいと。これ前回も言われた気がするので今回本当に少しは意識したんですが、まだまだもっと意識したほうがいいんだなと。

そんな感じで結構前向きに総評頂きまして勉強になりました。

ありがとうございますといい、席をたとうとしたら

「こちら頂いてもいいですか?」と

ほわーーーーーーーーーー!!!!!!??????

どうぞどうぞと、お渡ししてきました。

残念ではあるのですが、前回本を預けた編集者さんからは連絡が頂けていないので、本を預かって頂けることありがたいと思いつつも期待値はほぼなくして次回作頑張りたいです。

でも、もらって頂けたことはプラスに受取たいです。

 

三社目

ここで問題が発生したのですが、今回元から3社回ろうとは思ってたのですが、新作は2冊しか持ってきておらず、実は一社目でもお渡ししていたので、手元に最新刊がなくなるという自体に。

まさかこんなことになるとは思ってなかったので。次回からはどうなろうとまわる出版社分ちゃんと持ってこようとおもいました。

ですが、今回の本が全年齢だったので年齢指定の話になった時用に予備の本を持ってきていたのでそちらを見てもらうことに。

そしてなんと初めての男性編集者さんに!!よりによってエロを^q^

と、おもいましたが、特に別に不思議と緊張することもなく笑

早速見て頂いたら2ページめで「ふふ!」と笑ってて、どこで笑った?!と思ってさっとページ見たらあぁ、笑う人は笑うかもなってところでなんかちょっと嬉しかったです笑

そして、総評では結構褒めてもらえました。

「僕この二人好きです。青春が詰まってる感じにとても好感を持てました。二人の会話も自然ですっとこの本の世界感に入り込めます」

褒め過ぎじゃないですか?!と思ってしまうくらいこの編集さんは話を気に入ってくださいました。ただ、エロシーンがちょっと少ないと。こちらのレーベルはもちろんストーリーも大事ですが、同じくらいかそれ以上にエロを求めてるという感じでした。私も読み線だったらエロ欲しいと思うので気持ち分かるんですが、書き手になるとストーリー重視脳になるようで不要なエロは潔く削る派なのでちょっと方向性が違うのかなとは思いました。

「質問有りますか?」というベースだったので以前この本を読んでいただいた編集さんが言ってた部分を他の編集さんだとどう思うのだろうと思って聞いたら、背景に関してはやはり動揺でもう少しあったほうが良いという見解に。納得。

だけど、こちらの方は線も気にしなくていいと。本当に気に入って頂けたのか今の絵柄を崩す必要もそこまで線を気にする必要もないと。むしろこのままこのスタンスを追求して極めたほうがいいと。褒めるね~~~?という感じでした。笑

こちらは、特にこれ以上はなく、ありがとうございましたで終わりました。

 

 

 

と、いう結果でした。

とりあえず次の原稿があるのですが、縁ができた今、そちらを優先して頑張りたいと思います!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

噂の・・・

先日噂のしゅっちょーへんしゅーぶに行ってきました。

オリジナルの話を作るのにも結構時間がかかるため、二次の同人誌でも受け付けてくれるしゅっちょーへんしゅうぶにも持ち込みをして見よう!と思い立ったのがきっかけでした。

 

9時に起きて開場の時間くらいについたら空いてるらしいからいいんじゃない!と思って眠った前日。

翌日起きた私はケータイを三度見しました。

なんと液晶画面に表示されていたのは午前11時。

開場しちゃってる時間じゃーん!!!!!!と。

これが12時だったら多分諦めてましたけど、1時間で支度して転がるように家を出ていざ開場に。満身創痍でした。

 

でも、時間が時間なだけに電車も空いてるし、入場もスムーズでした。

いざしゅっちょーへんしゅうぶへ。

人見知りで極度の緊張しいの私ですが、積極的に受付の方にどのようなシステムなのかを尋ねる私。

受付の方もテンプレのような回答を親切に教えてくれました。

とりあえずせっかく着たので3社分の整理券をもらい、必要事項を記入してとりあえず一番列が少ない出版社様のところで自分の番を待ちました。

 

その時は待っているのが私一人だったんですが、前の方が同人界隈の猛者だったようで編集さんとめっちゃ話が盛り上がってて既に帰りたくなりました。

でも、なんとか押し留まり私の番に。

最新の同人誌は続き物の2で悩んだんですが、持ち込みなどをするようになってから意識してコマを割るようにして描いた作品だったので一旦微妙でもこのお話を読んで頂こうと思い、その本を選びました。

そしてしばし編集さんのチェックタイム。マジでどこに目を向けてていいかわからないので開場の様子をぼーっと見ていました笑

編集さん「ありがとうございます。読ませて頂きました。なんでこの子●●なんですか?そこが引っかかって…」

私(だから続きものだっていったじゃーーーーん!)

と、出鼻くじかれましたが、一応その前の話の本も持ってきていたのでそれを渡し、ぺらぺらと見て「ああ!そういうことだったんですね!」という流れで色々アドバイスをいただきました。

・表情をもうちょっと動かすといいかも(えちシーンはいいよ!気持ちが伝わる!)

・背景の描き込みもう少し欲しいし、お話上しょうがない部分もあるけどもっと色々な場所に行かせるといい。

主にはここだと思います。ストーリーよりは、絵についてたくさんご意見頂きました。

ふむふむ!なるほど!と言われたことをメモしているとなんと編集さんから

「伸びしろはあるんだよなー!この表情とかほんといい!さっき行った所意識して、また次持ってきて!」

と、嬉しいお言葉をいただきました…。

えちしーん指差しでいい!って言われる体験も初めてしたので恥ずかしいながらありがたかったです。

フレンドリーな編集者さんでホントよかったです。

 

二社目

ここが今回一番並んでたと思います。

時間は見てませんが結構待ったかと思います。編集さんも三人で対応してましたがそれでもすごかった。

二社目の編集者さんはとても美人さんでとてもじっくり読んで頂きました。

編集さん「二次創作としてはこれで全然まとまってますしオッケーだと思います!」

私(ありがとーーーーーーーー!!)

編集さん「ただ、続きものってこともあると思うんですけど、二人の関係性とかがよくわからないので、これだけだと商業との比較は難しくて…」

私「あ、一応一冊目もあります…」

編集さん「わ~読ませて頂いてもいいですか?」

私「ありがとうございますおねがいします!」

という流れで読んでいただくことになったんですが、一社目の編集者さんと違うのはじっくり読んでらっしゃるということ。

実はこの一冊目160ページオーバーというちょっと分厚い本でして…人が待っている中申し訳ない気持ちと待ってる時の私のいたたまれなさ!

真ん中で見てもらっていたので両端の方の総評も聞こえてくるし、見える絵もうまいしあ~~~~~~~~~~~~~~~って気持ちでした。おまけにお隣さんオリジナル同人誌お預かりされてて…はふんとなりました。

二社目の編集さんには主にストーリーについてのアドバイスっていうかほぼストーリーでした。元々が、ぴくしぶ発信のはなしということと二次創作なのでせの世界観の説明を一切省いているご都合主義漫画だったため、編集さんも前置きをされてから総評して頂きました。とてもためになるお話でした。今度プロット作る時の参考にします。

そして、長々とお時間頂きありがとうございましたと席を立とうとすると

編集さん「あ、すみませんそちらどちらかお預かりしてもいいでしょうか?」

私「ん、へ?あ。あ!はい!どちらでも!どうぞ!ありがとうございます!」

と挙動不審振りもさることながら本を預かって頂きました;;;;;;

これがきっかけで何かお話が頂けたら嬉しいですが、まだどうなるかわからないので期待しすぎず漫画描きます。でも、嬉しかったの…

 

三社目はしゅっちょーへんしゅうぶ自体の終了時間間際ということもあり、スムーズに順番になりました。

二社目で最新刊を渡してしたまったので、さてどうしようかとおもったのですが、一応念のために学生生活本も持ってきていたのでそちらを読んでいただきました。

どんな反応が返ってくるかわからないので再び生きた心地がしませんでした。

隣でも持ち込みの総評をされていたんですが、持ち込み者がさいこぱすで編集さんが困っていたのが印象深かったです。

そんなのを眺めていたら

編集さん「面白いですねこれ」

私「へあ?!あ、あ!ありがとうございます」

本日二度目の驚きとある意味一番の嬉しさが押し寄せました。

プロの編集さんに面白いと言ってもえるなんて…光栄です…マジで…

編集さん「少し真ん中中だるみしてるところはありますが、そこをカットすれば後は読み切りでいけますよ。終わり方もいいですし!」

私「ありがとうございますーーーー;;;;;」

編集さん「お話を構成する力がある方だと思うので」

私(ファーーーーーーーーーーーーーーーー;;;;;;;;;;)

ところどころ嬉しいことを放り投げてくれる方でした。

・線の太さを意識

トーンワークを意識

・背景の描き込み

主としては上記です。

こちらでもストーリーよりは絵という感じでした。

 

背景頑張るぞー!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

忘れない内に

先日持ち込みに行ってきました。

三社持ち込みさせて頂いたのですが、やはり出版社様ごとに意見も割れるし求めるものも違うのだなということを一番感じました。

前回初めて持ち込みをさせて頂いた出版社様ではやはり濡れ場などは無理に入れなくてもいいというスタンスで、今回もコピーを取って頂き、新人賞に出すことになりました。他の持ち込み時どうなのかわからないのですが、全員これられた方のはコピー⇒新人賞なんですかね?

 

そして、今回初めて持ち込みをさせて頂いた2社に関しては編集者さんからアドバイスを頂くにとどまりました。

ここで強く感じたのがレーベルが求める話が描けているか。

この2社はレーベル色をとても大切にしているところなので今回の私が描いてきた話では恋愛要素が足りないと言われました。どちらもこの雑誌にのるとなるとこの内容では…という感じでした。テーマはブレずに描けているのにそこが恋愛だったらよかったのに!!って。そうなんですよね。キスもしてないですもんね…と納得。

でも、テーマがぶれてないというのは良かったです。そこはめちゃくちゃ意識している部分なので。

 

そして前回同様コマ割りが固いと…前回よりは崩したつもりでしたがやはりまだ詰め込みすぎで硬すぎるとご指摘いただきましたのでそこは改善しなければと。

そして某出版社で褒められたことが他の出版社ではダメと言われるのを直に体験しましたがなるほど。と。どっちの意見も取り入れてより良きものにしてやると思いました。

 

ぶっちゃけますと批評されてると素直にふんふん!!なるほど確かに!!と思う自分と畜生!!この野郎!!色々言いやがって!!と思う自分もいるのですが、後者は負けず嫌いの私なんだろうなと笑

こういう時負けず嫌いはいいです。言われたこと全部どうにかして見返してやるぞ!!という気持ちが出るので笑

でも、それで更にマンガがいいものになるならやはり吸収して頑張りたいですよね。

弱点もわかったことですし。

今度はもっとラブくしいてやります。赤面させてやるぞ!!

 

頑張れ!!私!!

広告を非表示にする

気づけば3月

お久しぶりです。3月になってしまいました。

まだ、出版社さんにはお邪魔できておりませんが、なんとか今描いてるものが形になりそうなので3月中旬か下旬には行きたいと思っております。

そして二作目にして今回も!また!ちゅーもない!笑

濡れ場なんてもっての他ないです。

おかしいなぁー…次はちゅーくらいさせようと思ってたのに。

いっそサンプル的な感じで濡れ場ありの同人誌持ってったほうがいいのかな…持っていかないけど。

 

今回は学生もので描いてて楽しかったです。

前回背景とコマが少し白いのが気になると言われたのでなるべく背景を入れているんですが、ここで露呈するパース感覚の無さ!!

空間把握は苦手です。

あと、コマのメリハリも気をつけました。

ただ、モブ的?な要素の人間を絡められなくてそれだけ前回の持ち込みを反映できなかったなと。

 

出版社さんに電話をしないといけないのですが、これがとても緊張する行為でして難しい。

 

電話くらいぐわっとかけろよ私~~~~~

 

広告を非表示にする

あけましておめでとうございます

といっても、既に明けてからかなりの日数が経過していますが笑

 

年末は出版社さんも忙しいだろうからと同人の方の原稿に熱を入れており、そちらも一段落したので今度はオリジナルのほうをがんばろうと思っており、昨年ネームまでやってあった原稿の下書きに取り掛かろうと思ったんですが、圧倒的なコレジャナイ感に襲われて立ち止まってしまいました。

 

確かにネームの時点で迷ってた点で、少し置いて改めて見たら何かいい案が浮かぶかもしれないとおもってたんですが、少し置いた結果コレダメじゃね?というところに落ち着いたので今また一からオリジナルの話を考えようかと思っています。

 

仕事も忙しく中々時間が取れませんが3月頭くらいにまた出版社様にお邪魔できるように今から頑張ります!!

 

昨年初めてオリジナルマンガにチャレンジし、今年は何かしら結果が残したい!!でも、流石にそんな上手くはいかないでしょうが、何かしら実にしたいと、目標を持つことは大事です。

 

よし、その意気だ私!!

そういえば

前回持ち込みもしたオリジナルBLですが、キスも無ければ手も繋いでないし、ハグだってなければ好きという告白さえなかったなと。ふと思いまして。

もちろん濡れ場だってなかったです。

 

当時もこれ大丈夫か…?;;;;って気持ちがぼんやりありましたが、お話上入れるに入れられない状況で話が崩壊するくらいなら入れない!って強気でしたが、持ち込み時にそこら辺つっこまれるかなーと諦めの気持ちでいましたが、思えば何も言われなかったな。

むしろむやみやたらに濡れ場を入れればいいってもんでもないって言われたのであれはあれでありだったんだなって。

よく、濡れ場なければダメって出版社様もあるって見かけますが、あれはレーベルの色があるからってことですよね。

私は話の道筋で濡れ場が必要なら入れるというスタンスなので、絶対濡れ場あり!毎回何度だって濡れてくれ!!ていうところは向いてないのかもな。と。

 

でも、流石にプラトニックすぎてもあれだなってのはあるので、今練ってる話ではキスシーンは入れました!告白だってしてる!

ただ設定盛々し過ぎたかな感はある…。吉と出るか凶と出るか。。。

 

進行が遅れてるから真面目にやれよ!私!

 

 

広告を非表示にする

持ち込み1回目

では、早速ですが先日原稿の持ち込みをしてきました。

BL雑誌の出版社です。

T出版社のC誌です。

本当は3社くらい周りたかったんですが、初めてのオリジナルBL、初めての持ち込み。

一社目にどちゃくそぶっ潰されたら生きていけないな…と思ったので、とりあえず初めてなので一社のみに絞らさせて頂きました。

 

とりあえず、訪問希望日の4日前に電話で予約をとりました。既に緊張で死にそうでした。

そして、予約を取ったからには原稿を仕上げるしかない!!(まだできてない)ということで意気込みを新たにした瞬間残業の嵐。

持ち込み前日は睡眠時間二時間でした。あまりのヤバさに生きた心地がしませんでした。

そして、持ち込みは厚めの上質紙とかいうのを前日に見かけてもう待ってー!!コンビニコピーする気満々だった女です。

こうなったら朝キンコキメるしかない!!って気持ちで朝も行動してたはずがまさかの時間がなくてセブンでコピーするのが精一杯の時間しか残されてませんでした。

こうなったら何もないよりあるほうがマシ!!という気持ちに切り替えてコンビニでコピーでするもトーンが愕然とするくらい荒れててもうこれは私は怒られに行くんだなって気持ちでいました。

 

そして、初めての出版社訪問。

緊張と眠気と空腹でもう何が何やら状態でした。

内線で来た旨を伝え数分待ちました。その後、大きな会議室に通して頂き、早速原稿を見て頂きました。

持ち込み前に同じように持ち込みレポをされている方の記事を何度も読み、イメトレをしていましたが、プロの編集の方に見てもらうプレッシャーの前で私は頭をうなだらせていました。案外速読だという話を見ていたのですぐに会話して頂けるのかと思ってたらまさかの!全然!!速読じゃなくない?!ってなりました。

どんどん緊張で首をしめられて行く感じでした。

 

簡単に言われた内容としては、

コマのメリハリが弱い

描きたいことをもっと大げさに描いてもいい

キャラの設定をもっと活かせる(立場などをもうちょっと詳しく描いてもいい)

 

などですかね?

話の筋はしっかりしていると言われたので、もっと見せ方を調整したほうがいいという感じでした。

あと、話の内容も今時でイイ!ということでした。

絵については特にダメ出しされることはなかったです。

コマについては実際に雑誌を広げて頂き説明して頂きました。

 

やはりこういうのは第三者から指摘されて気づける部分も多いので、やはり持ち込みはして正解だったと思いました。

荒れたトーンも紙についても何も言われたなかったのでこれも一安心でした。でも、次回から気をつけようと思います。

 

そして、まさかの原稿をコピーして頂きました。初めてだったので、そのまま持ち帰りの気持ちでいましたから何も準備しておらず、急にペンネームと聞かれても?!って感じで焦りました。

いやー…これは純粋に嬉しかったです。名刺?などももらえるようですが、今回はもらえませんでした。また、新しいの描いたらぜひ持ってきてくださいとのことだったので、12月頭辺りにまた持っていければな、と思って今新しいお話を考えています。

 

よし、頑張れ、私!

広告を非表示にする